24時間オンライン予約

マタニティ歯科

当院のマタニティ歯科(妊婦歯科)について

当院のマタニティ歯科(妊婦歯科)について

妊娠期のお口の健康をサポート

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌が存在しないことをご存知でしょうか。実は、虫歯菌は身近な大人から赤ちゃんへとうつってしまう場合が多いのです。そのため、特に赤ちゃんと接する機会の多いお母さんは予防への理解を深め、できる限り早いうちから取り組むことが大切です。

当院では、それぞれの時期や状態に合わせた適切な治療や、お口のケアに関するアドバイスもさせていただいております。
母子手帳などがあれば、適切な診療を行うための助けとなりますので、
ぜひご持参ください。

妊娠中の治療のタイミング

妊娠初期:1~4ヶ月

この時期は切迫流産を起こしやすいため、歯科治療はできるだけ控えたほうがよいでしょう。
当院でも痛み、腫れ、出血など緊急の処置が必要な場合にのみ対応しております。

妊娠中期:5~8ヶ月

「安定期」と呼ばれるこの時期が、妊娠中の歯科受診に最も適したタイミングです。特別なケースでない限り、治療に問題はありませんので、妊娠後期に入るまでに悪いところは治しておきましょう。

妊娠後期:9ヶ月~

9ヶ月以降はいつ陣痛が起こってもおかしくない時期ですので、治療はなるべく避けるようにします。それ以前に始めた治療が長引いた場合は一旦お休みし、産後に治療を再開します。

妊娠中にかかりやすいお口の病気について

  1. 妊娠性歯肉炎 妊婦さんはホルモンバランスの変化により、「妊娠性歯肉炎」になりやすいとされています。自覚症状がないまま進行してしまう場合もあり、また歯周病菌が体内に入り込むことで子宮の収縮を起こし、早産や低体重児出産のリスクを高めてしまうという報告もありますので、気になる方は早めにご相談ください。
  2. 妊娠性エプリース ホルモンの影響により、歯茎にコブのような膨らみができる症状が出る場合があります。ほどんどが良性で産後に自然と消えていきますが、もし気になる症状がありましたら、お気軽に当院へご相談ください。
  3. 虫歯・歯周病 つわり等の影響で普段のようなお口のケアが難しくなり、また嘔吐による胃酸で歯や歯茎がダメージを受け、虫歯や歯周病の発症リスクが高まる場合があります。セルフケアが難しい、十分でないと感じるようでしたらご相談ください。

マタニティ歯科でよくある質問(Q&A)

Q. 妊娠中にお薬を出してくれますか?

A. 基本的には、妊娠中の薬の服用は控えた方が良いですが、産婦人科の見地から抗生物質・鎮痛剤ともに安全性の高いと認められているものがあります。十分に考慮のうえ処方しますが、当院では念には念を入れて最小限の量に抑えてお出ししています。

Q. 妊娠中の歯周病を予防するためには?

A. なるべく早いうちから歯科医院で定期検診や予防ケアを受けることが大切です。また、つわりの時期にはお口の中で細菌が繁殖しないよう、ブラッシングやうがいを頑張って続けていきましょう。歯磨き粉やデンタルリンスの味がつらい場合は、何もつけずに歯磨きをしたり、ブラッシングも困難な場合は、食後に水や緑茶でうがいするだけでも効果があります。

Q. 妊娠中のレントゲン撮影はお腹の赤ちゃんに影響を与えませんか?

A. 歯科のレントゲン撮影は、お腹から離れているため、さほど影響を与えないとされています。また当院では、レントゲン撮影時にはX線を遮断する専用エプロンを着けていただく配慮もしておりますので、さらに安全性は高まります。

お口の健康を守るために知って頂きたいこと

お口の健康を守るために知って頂きたいこと

マイナス1歳からはじめる虫歯予防

赤ちゃんへの虫歯菌の感染のリスクを抑えるためには、まずは身近な大人が持つ虫歯菌の量を減らすことが重要です。そして虫歯菌の感染を心配する以上に、菌が増殖しにくいお口の環境を親子で整えていくことが必要となります。

近年の研究では、妊婦さんの歯周病が早産や流産、低体重児のリスクと関連していることも分かっています。安全な出産と、大切なお子さんの健康のためにも、当院では妊娠中からのお口のケアをお勧めしております。

親御さんの習慣やお口の環境が子どもに与える影響

母親に虫歯がある子どもとない子どもとを比較すると、母親に虫歯がある子どもの方が、2歳になった時の虫歯発生率が圧倒的に高いことがわかっています。こうしたデータからも、生まれてくるお子さんのお口の中の環境は、母親の生活習慣やお口の健康状態の影響を強く受けやすいと言えます。

子どもは親の姿を見て育つものです。
特に歯磨きなど日常の生活習慣は、親の習慣がそのまま子の習慣へとなっていくので、お子さんの将来的な健康を守っていくためにも、一緒に健やかな生活習慣を身につけてより良い口腔環境をつくっていきましょう。