24時間オンライン予約

診療内容

虫歯治療

虫歯治療

当院の虫歯治療の特徴について

可能なかぎり歯を削る量を
少なくする虫歯治療(MI治療)

歯は一度削った部分が元の状態に戻ることはなく、削るほど歯はもろくなり、さらに虫歯が再発するリスクも高まってしまいます。そのため、大切な歯を長く健康的に保つためには、虫歯に感染していない健康な歯の部分を極力削らない「低侵襲な治療(MI治療=Minimum Intervention)」を行うことが重要です。

当院の治療では、可能なかぎり虫歯の感染源のみを削ることを徹底し、患者様の健康な歯を最大限に残すことで、歯の寿命を延ばせるよう努めております。

詳しくはこちら

▲診療メニューへ戻る

歯周病治療

歯周病

日本の成人の約80%が感染している歯周病

歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌に感染し、歯ぐきが腫れたり、出血したり、最終的には歯周組織が破壊されて歯が抜けてしまう病気です。 歯肉炎、歯周炎とも呼ばれています。
歯垢(プラーク)は時間が経つと歯磨きでは取り除くことができない歯石になります。 歯石自体は歯周病の原因ではありませんが、歯磨きでは除去できないため周囲のプラークの除去を困難にし、専門的な治療が必要となるケースがあります。

詳しくはこちら

▲診療メニューへ戻る

予防歯科

予防歯科

病気を予防するための治療

予防歯科では、虫歯や歯周病になってから治療するのではなく、それらの病気を予防するための治療を行います。病気になってから治療をしたとしても、失ってしまった歯や歯ぐきは元には戻りません。 だからこそ、しっかり予防していくことが大切なのです。

詳しくはこちら

▲診療メニューへ戻る

根管治療

根管治療

根管治療とは

管治療(歯の根っこの治療)は、虫歯が神経まで到達してしまった場合に、神経の通る管(根管)の組織を取り除いて、根っこをキレイにする治療の事です。歯根治療とも呼ばれます。
虫歯を放置すると、やがて細菌が出す毒素や細菌自体が歯の内部にある歯の神経(歯髄)まで到達し、いわゆる虫歯の激痛を引き起こします。 また症状がさらに進みますと、歯に触れただけで痛んだり、腫れを伴うこととなります。

詳しくはこちら

▲診療メニューへ戻る

インプラント

インプラント

歯を失ってしまった方への治療法

インプラント治療とは、歯が失われてしまった部分に人工の歯を埋入する治療のことです。人工の歯根を顎の骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を固定します。
入れ歯やブリッジと異なり、隣の歯を削って負担をかけることもありませんし、自分の歯と同じような感覚で違和感なく噛むことができるようになります。 また、下顎の総入れ歯が不安定で動いてしまう方や、上顎の総入れ歯で口蓋が無いものを使用される場合などには、インプラントによって入れ歯を固定する方法も有効です。

詳しくはこちら

▲診療メニューへ戻る

口腔外科

口腔外科

口腔外科(こうくうげか)とは?

虫歯や歯周病の治療を除く、口内やその周囲の疾患を対象とする外科処置を行う診療科です。顎関節症、親知らずの抜歯(埋伏などの難しいケースの抜歯も含む)などを行っています。

詳しくはこちら

▲診療メニューへ戻る

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

親知らずとは

親知らずは第3大臼歯(6才臼歯の2本後の歯)、中央の歯から数えて(抜いてある歯やもともと生えてこなかった歯を含め)8歯目の歯のことを言います。永久歯の中で一番最後に生えてくるためスペースがなく、横や斜めに傾いたり、骨の中に埋まったまま生えてこない場合もあります。

詳しくはこちら

▲診療メニューへ戻る

小児歯科

小児歯科

大切なお子様の歯を守るためにできること

子どもの歯は大人になったときの歯並びに大きく影響します。顎の骨の成長をコントロールすることによって、大人になってから外科手術をせずに綺麗な歯並びになる可能性が高まります。また、子どもの時から歯の大切さを学ぶことによって、大人になっても歯を大切にする習慣が身につくでしょう。
当院では虫歯だけでなく、予防処置・歯並びもしっかりと診てまいります。

詳しくはこちら

▲診療メニューへ戻る

審美歯科

審美治療

審美歯科治療とは

通常の歯科治療よりもより見た目の改善を重視される患者様にお勧めするのが審美歯科治療です。当院では以下のようなご希望の患者様が来院されています。

来院される患者様のご希望

  • 何年か前に詰めた銀歯を白くしたい
  • 歯と歯ぐきの間の黒い部分をキレイにしたい
  • 前歯の形や色、向きが気になる
  • 全体的に歯を白くしたい
  • 1本だけ色の違う歯が気になる
  • 被せ物の材質の比較

上質なセラミックによる審美治療

見た目の改善を重視する審美治療では、「セラミック」による詰め物、被せ物が主流となっています。上質なセラミックは自由診療(保険適用外)の治療となりますが、保険適用の材質よりも天然の歯に近い色を出すことが可能です。
患者様のご希望に合わせたご提案をしておりますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

▲診療メニューへ戻る

ホワイトニング

ホワイトニング

白く美しい歯がつくる素敵な笑顔

ホワイトニング剤を塗布することで、歯の表面の黄ばみ色素を分解して歯を漂白していきます。歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、家で行うホームホワイトニング、オフィスとホームを両方行うデュアルホワイトニングなどの方法があります。

当院のホワイトニングメニューについて

ホームホワイトニング

患者様専用のマウスピースを製作し、患者様自身がマウスピースの中にホワイトニングジェルを入れて、家で毎日一定時間装着して漂白する方法です。

オフィスホワイトニング

歯科医院にて漂白を行う方法です。歯の表面に高濃度の薬液を塗布し、光を照射して歯の着色成分を変化させることで黄ばみを改善する方法です。

デュアルホワイトニング

プロによるオフィスホワイトニング、ご自宅でのホームホワイトニングを併用することで、より高い効果を得られるホワイトニング方法です。

▲診療メニューへ戻る

入れ歯

入れ歯

金属の留め金(クラスプ)が目立つため見た目を気にされる方には、ノンクラスプデンチャーをご用意しております。口腔内の状況によってはお勧めできない場合もあります。詳しくはお気軽に当院へご相談ください。

入れ歯の種類

入れ歯は大きく分けて「総入れ歯」と「部分入れ歯」に分類することができます。

総入れ歯

全ての歯を失ってしまった場合に使う入れ歯です。 顎の裏面も覆うような大きな入れ歯のことを指します。すべての歯を人 工歯によって補います。

部分入れ歯

歯を失った部分にのみ使用する入れ歯です。 歯が1本でも残っていれば、部分入れ歯を作ることになります。 残っている健康な歯を利用して入れ歯を固定します。

入れ歯の材質

ノンクラスプ・デンチャー

従来の入れ歯にあったような金属のバネが無く、半透明の材質なので装着しているように見えず、目立ちにくい入れ歯です。硬くないため心地よく装着していただけます。また、金属を使用していないので金属アレルギーの方でも安心して使用して頂けます。こちらは自費診療(保険外診療)による入れ歯になります。

金属床義歯

歯ぐきに触れる部分が金属で作られている入れ歯です。金属にすることで入れ歯を薄くすることができるので、保険適用の入れ歯よりもしゃべりやすかったり、食べ物の温度も伝わりやすく、おいしく食事ができます。 金属なので耐久性に優れており、残っている歯への影響も少ないです。こちらは自費診療(保険外診療)による入れ歯になります。

レジン床義歯

歯ぐきに触れる部分がレジン(特殊プラスチック)で作られた保険適用の入れ歯です。 強度を保つために厚みがあるため、食べ物の熱さや冷たさに対する熱伝導が悪く、また大きめに作らなければならないので違和感があったり、しゃべりにくいという難点があります。しかし、こちらは保険適用なので安価で作ることができ、ほとんどの症例で使用可能といったメリットがあります。

▲診療メニューへ戻る

噛み合わせ治療

噛み合わせ治療

噛み合わせ治療とは

噛み合わせ治療とは、咬合状態の維持を図るためになされる全てを含める治療行為を意味します。噛み合わせ治療は、噛み合わせのズレに注目し、その噛み合わせを正しくすることで、病気や不調を改善していきます。

噛み合わせがずれてくると、人間の身体はそれを補正しようと、骨格が歪んできます。虫歯が1本もないとおっしゃる患者様も、実はご自身が気づいていないだけで、噛み合わせに問題のある方がほとんどです。
当院では、噛み合わせ治療を行う前に、原因をしっかり把握し、納得のいく説明を行った上で治療を行いますので、噛み合わせが気になる方は安心してご相談ください。

詳しくはこちら

▲診療メニューへ戻る

マタニティ歯科

マタニティ歯科

妊娠期のお口の健康をサポート

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌が存在しないことをご存知でしょうか。実は、虫歯菌は身近な大人から赤ちゃんへとうつってしまう場合が多いのです。そのため、特に赤ちゃんと接する機会の多いお母さんは予防への理解を深め、できる限り早いうちから取り組むことが大切です。

当院では、それぞれの時期や状態に合わせた適切な治療や、お口のケアに関するアドバイスもさせていただいております。母子手帳などがあれば、適切な診療を行うための助けとなりますので、ぜひご持参ください。

妊娠中の治療のタイミング

妊娠初期:1~4ヶ月

この時期は切迫流産を起こしやすいため、歯科治療はできるだけ控えたほうがよいでしょう。当院でも痛み、腫れ、出血など緊急の処置が必要な場合にのみ対応しております。

妊娠中期:5~8ヶ月

「安定期」と呼ばれるこの時期が、妊娠中の歯科受診に最も適したタイミングです。特別なケースでない限り、治療に問題はありませんので、妊娠後期に入るまでに悪いところは治しておきましょう。

妊娠後期:9ヶ月~

9ヶ月以降はいつ陣痛が起こってもおかしくない時期ですので、治療はなるべく避けるようにします。それ以前に始めた治療が長引いた場合は一旦お休みし、産後に治療を再開します。

妊娠中にかかりやすいお口の病気について

妊娠性歯肉炎

妊婦さんはホルモンバランスの変化により、「妊娠性歯肉炎」になりやすいとされています。自覚症状がないまま進行してしまう場合もあり、また歯周病菌が体内に入り込むことで子宮の収縮を起こし、早産や低体重児出産のリスクを高めてしまうという報告もありますので、気になる方は早めにご相談ください。

妊娠性エプリース

ホルモンの影響により、歯茎にコブのような膨らみができる症状が出る場合があります。ほどんどが良性で産後に自然と消えていきますが、もし気になる症状がありましたら、お気軽に当院へご相談ください。

虫歯・歯周病

つわり等の影響で普段のようなお口のケアが難しくなり、また嘔吐による胃酸で歯や歯茎がダメージを受け、虫歯や歯周病の発症リスクが高まる場合があります。セルフケアが難しい、十分でないと感じるようでしたらご相談ください。

▲診療メニューへ戻る